FC2ブログ

Dream pillow

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by mochi on  | 

天使のゆりかご

更新用

ギャラリーに1枚追加しました。
わたし、銀髪(白?)と、フード、マフラーが好きなもよう

------------------
GWが終わってしまいますよ。
連休というものはなぜこんなにも早く終わってしまうのやら。

今回、はじめてコミティアに行って来ました!
もちろん一般!
創作畑になってから、ずっと憧れていた創作のみのイベント…
本当に楽しかったし、勉強になったし
創作意欲刺激されたしで、いいことずくめでした。

自分の周りには、絵を描く人はおろか
オリジナルで活動している人がおらず…
もっと創作の輪が広がらないかな~と考えていたり。
-------------------

続き 今回アップしたイラストの設定というかちょっとしたお話みたいなものです。

『mama』 天使のゆりかご

とある天使の手記


ぼくらのはじまりの場所はどこなのか。
どこから生まれたのか。


昔、地上に降りたとき
地上の者と接する機会があった。
本当は、あってはならないことで、見つかったら厳罰どころではないけれど…
そこで、気になることがあった。

彼らは、小さな命が生まれたばかりだったようだった。
地上の者は、男女が交わり、子が生まれると聞いた。
しかも女の腹の中でしばしの時を過ごすらしい。
腹を痛めて産んだ子はとても愛しいのだと…
「天使さまでも知らないことがあるのですね」
と、言われてしまった。

そんな幸せそうな地上の者を見てから、
ずっと考えていた。
ぼくを産んでくれた母はいるのだろうか?と

帰ってから、仲間たちに聞いてみたのだが、
知っているものは誰ひとりいない…というよりも
考えたこともなかったそうだ。
ぼくの話を聞いたあとでさえ、
なんの疑問も興味ももたずに、自分の持ち場に戻っていった。

ぼくは知りたかった。
母の存在を。
あの母のように慈しんで、包み込んでくれる存在がいると信じて
隠れながら調べまわった。

そして、やっとの思いでたどり着くことができた。
決して立ち入ってはいけない場所。
そこに母は"あった"。

卵のような入れ物にぼくらはいた。
それが、はじまりの場所。

ぼくらを生み出した母なるゆりかご
mama だった。
スポンサーサイト
Category : お話
Posted by mochi on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://dreampillow823.blog12.fc2.com/tb.php/142-d049abf4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。